外壁・屋根塗装 豊橋市 シーリング工事とは

  • 投稿日:2017年 3月31日
  • テーマ:豊橋市

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。



豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。



住宅の外壁でよく見られるサイディングという種類の壁があります。
これはサイディングボードというものを1枚1枚張り合わせた作りになっている外壁で
継ぎ目の部分にゴム状のものが埋め込まれています。
このゴム状の部分がシーリング材です。


サイディングではない他の種類の壁の住宅でも、石張りのタイル目地の部分や窓ガラスの
サッシ廻り、屋根やバルコニーなどに存在する隙間の部分を防水のためにシーリング材で埋めている
部分があります。
このシーリング材が劣化していると防水に影響があり、家の劣化につながるのでシーリングの
打ち替え工事を行います。
一般的にはとても傷みやすい部分と言われています。



塗装工事の際には上から塗料を塗ることになります。塗膜に隠れてしまえば
分からなくなりますが傷んでいることには変わりありません。
そこで塗装の前にシーリングの全面打ち替えを行ってから塗装をするのが一般的です。



新築の家は、上から塗装をしていないため、シーリング部分が直接日光に当たる状態になっています。
そのため、とても傷みやすく特に日当たりの良好な南側の壁では傷みが激しくなります。



塗装工事においてはこのシーリング部分は必ず点検を行います。
傷んだシーリングをそのままにして行った塗装工事は品質が低くなってしまうのです。
一般的な塗装工事においてはほとんどのお宅が目地や窓廻りなどのシーリング部分に痛みが
見られ、補修をしています。
もっとも目立つのは目地のシーリングのひび割れです。





外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png



外壁・屋根塗装 豊橋市 塗料の種類

  • 投稿日:2017年 3月30日
  • テーマ:豊橋市

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。



豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。



現在、使用されている屋根・外壁塗料は大きく分けると
アクリル樹脂塗装・ウレタン樹脂塗料・シリコン樹脂塗料・ふっ素樹脂塗料
4種類になります。また、溶剤(油性・シンナー系)タイプと水性タイプの2種類があり
溶剤タイプは1液タイプと2液タイプの2種類があります。



【アクリル樹脂塗料】

無色透明で、高温における変色に強く、光沢保持性があります。電気絶縁性という特徴を持ちます。
耐久年数が短いためか、屋根・外壁塗装のための塗料としてあまり使用されていません。
耐久年数が短いので定期的に点検・塗装が必要になります。
短いスパンで塗替えて、お住まいのイメージチェンジを楽しみたい方向けと言えそうです。



【ウレタン樹脂塗料】

もっとも一般的な塗料です。耐摩耗性、たわみ性が良く、床材などにも使用されており、耐候性、耐水性、耐油性にも
優れています。木部との相性が非常に良いです。



【シリコン樹脂塗料】

塗装膜の表面がガラス質になるため光沢があり、塗装表面が硬いのが特徴です。塗装膜の膨れや剥がれが少なく
建物の内部結露を防止する効果もあります。防水性・防汚性が高く、耐久性も十分です。
品質に対して価格がお手頃なのも特徴です。コストパフォーマンスが高いのでオススメの塗料です。



【フッ素樹脂塗料】

もともとは一般住宅向けではなく、ビルやマンションなどの長期間塗替えをしないことを前提にした建物で
使用する塗料です。光沢感があり、汚れにくく、耐候性・耐久性を両立させていることが特徴です。
高価ですが長持ちが一番という方にオススメです。





外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png



外壁・屋根塗装 豊橋市 正しい色の選び方

  • 投稿日:2017年 3月29日
  • テーマ:豊橋市

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。



豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。



塗替えをされた方がよく選ばれる色はベージュ系、ホワイト系、グレー系、ブラウン系でこの4色を選ぶ方が
全体の8割ほどになります。
やはり10年に1度の塗装なので定番の色を選んでいる方が多いです。


★色選びのポイント


1.近所の気になる家や、ネットで施工事例を見てみる

まずは近所の家を見て、自分の好みの配色を探すことをオススメします。塗替えのイメージがしやすいです。
写真を撮っておけば実際に業者に依頼するとき自分の希望するイメージを伝えやすいです。
もしご近所に自分のイメージする配色がない場合はインターネットで検索して希望の配色を探すこともできます。



2.玄関ドアやサッシなど変更できない色を知る

サッシや玄関ドアは、アルミでできていることが多いです。アルミは絶対に塗装できないわけではありませんが
剥がれやすい箇所なので一般的には塗装はしません。
そのため、色が固定されている玄関ドアやサッシに合わせて全体の配色を決めることをオススメします。



3.面積効果による色の見え方の違いを理解する

面積効果とは、目の錯覚で小さい面積に塗った色と大きい面積に塗った色が違って見える現象です。
塗装の場合は、色見本にあるサンプルが小さいため実際に塗ってから「思っていた色と違う・・・」というような
トラブルが少なくありません。


・明るい色の場合
小さい面積より大きい面積の方が明るく見えるため、少し暗めの色を選ぶことをオススメします。


・暗い色の場合
小さい面積より大きい面積の方が暗く見えるため、少し明るめの色を選ぶことをオススメします。



河合塗装工業では『カラーシュミレーション』を導入しております。
ご自宅の写真があればご希望のお色でシュミレーションが簡単にできます!
お気軽にお問合せくださいませ。







外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png



1  2  3  4  5  6  7  8
  • はじめにお読みください 河合塗装工業 豊橋 外壁塗装リフォーム 皆さまから選ばれる理由
  • 塗装の時期・季節はいつ? 河合塗装工業 豊橋 外壁塗装リフォーム
  • 無料 外壁屋根診断 河合塗装工業
  • 雨漏り 無料診断 河合塗装工業 原因を明確にして早期解決!
  • 無料 外壁屋根診断 河合塗装工業
  • 雨漏り 無料診断 河合塗装工業 原因を明確にして早期解決!