外壁・屋根塗装 豊橋市 遮熱塗料で涼しく省エネ!①

  • 投稿日:2017年 4月24日
  • テーマ:豊橋市

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。



豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。




屋根を塗替えるなら、せっかくだから機能性の高いものにしようと考え、地球温暖化の影響などによって
過ごしにくくなる家の中をより快適にするために、省エネによって夏場の電気代の節約や地球に優しい
生活をするために遮熱塗料を検討されるかたもいらっしゃるでしょう。



 ★遮熱塗料とは 

遮熱塗料は、建物の中が暑くなる原因の太陽光のうち赤外線に近い光を「反射」や「放射」させ、
表面温度を下げることで室内が暑くなるのを防ぐ効果を持った塗料で、高反射率塗料とも呼ばれています。
しかし、遮熱塗料は外部からの熱を伝わりにくくする機能を持っているだけで、保温効果はありません。
よって、断熱材によって保温効果を持った建物に対して、遮熱効果をもたせたい場合に塗ることが
夏場も冬場も、より過ごしやすい建物内の環境を作ることになると言えます。
また、遮熱塗料は一般的な塗料と同じ工程で施工できるため、費用が一般的な塗料と遮熱塗料の差額分を
増やすくらいで済ますことができます。


 ★遮熱塗料と断熱塗料の違い 

遮熱塗料と同じように外壁などに塗ることで省エネになる塗料として、断熱塗料というものがあります。
まず断熱塗料とは太陽光によって住宅の外壁が持った熱の伝導する速度を緩やかにし、部屋に高温の熱が
伝わることを防ぐことで部屋が暑くならないようにする効果を持つとともに、室内の温度を保つ効果を持った塗料です。
また断熱塗料の遮熱塗料との1番の違いは、保温効果を持っているということで、夏場は外が暑くても室内は涼しく、
冬場は外が寒くても室内を温かく保つことができるので、年間を通して効果を発揮する塗料であるといえます。



断熱塗料を塗ることで得られる効果は魅力的ですが外壁塗装だけでは塗膜が薄いために、
大きな効果は期待できないと指摘されることもあります。
また遮熱塗料による塗装に比べて外壁塗装の工程が多くなるため、費用が割高になります。








外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png



外壁・屋根塗装 豊川市 色選びの注意点

  • 投稿日:2017年 4月21日
  • テーマ:豊川市

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。



豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。




外壁塗装の色選び・・・慎重に進めないと「イメージと違う」といったことになりかねません。
せっかくの外装リフォームはイメージ通りに仕上げたいものです。
そこで色選び4つの注意点です!


 1.面積効果に注意する 


全く同じ色でも面積の大小によって色の見え方が異なります。小さい塗り板で見たときはイメージ通りでも
面積が大きいと色が薄く明るく見えたり(明度)、思った色より派手で落ち着かなくなったりします(彩度)。

同じ色でも面積が大きくなると色味が薄く感じられます。そういった場合はワントーン・ツートン濃い目を選ぶと
イメージに近づきます。



 2.街並みとの調和を図る 


色選びで大切なのは街になじむ色を考えることです。クリーム系の外観が多い街並みの中で
1軒だけ真っ赤な外壁にしてしまったらそれだけで景観が損なわれてしまいます。近隣をよく観察し、
調和の図れる色を選ぶのがオススメです。


 3.窓枠や玄関との調和を図る 


アルミ素材でできている窓のサッシや玄関ドアなど、色変更できない部位とのバランスや相性を
イメージしておく必要があります。


4.太陽光に当ててみる


色は蛍光灯の下で見るか、太陽の下で見るかで見え方が大きく変わってきてしまいます。
実際の外壁がさらされている屋外で色を選ぶと確実です。

  





外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png



外壁・屋根塗装 豊川市 養生とは?

  • 投稿日:2017年 4月19日
  • テーマ:豊川市

みなさんこんにちは。
外壁塗装・屋根塗装・防水工事専門店の河合塗装工業です。



豊橋市で、地域密着で外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を中心に手掛けております。
河合塗装工業では、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り補修を気軽に相談できる会社目指し
豊橋市を中心にサービスを展開しております。



塗装工事の見積もり項目の中に 「養生」 という言葉があると思います。
養生は塗装の出来栄えを左右する作業で、塗装する際に塗料が付いてしまうと困る箇所をビニールなどで
保護する作業のことです。場所によってはまっすぐ養生をしないと仕上がりが悪くなることもあるので注意が必要です。




「養生」とは保護するという意味です。外壁塗装で使われる養生は塗料の塗らない場所を保護することを
言い、以下の3つのことを指します。


・周りの家に高圧洗浄の水や塗料が飛び散らないように家をメッシュシートで囲うこと


・アルミサッシや窓、床など塗らない部分にビニールテープ、マスカーなどで保護すること


・車や植木など塗料が付くと困る部分をシートで保護すること


まれに、塗料が乾く時間を養生時間と呼ぶこともあります。これはコンクリートの施工の場合、硬化するまでの
温度や適性水分量を管理して乾かすことを養生というため塗装でも同じように使っている人がいるためです。



 養生を雑にやる業者は危険 


もし足場の養生(メッシュシート)を雑にやったまま塗装をすると、高圧洗浄の水や塗料が飛び散り、近隣と
トラブルになる可能性があります。スプレーを使う吹付けではなくローラー塗りでも意外と塗料は飛び散るので
注意が必要です。
また近隣とのトラブル以外にもしっかり養生をしないと塗装した場所が滲んでしまい汚い仕上がりに
なってしまいます。


 養生の注意点 

・夏場は換気できなくなる

夏場に塗装するときは窓を養生するために換気ができなくなります。そのため「施工中とても息苦しかった・・・」
と、言われるお客様もおります。夏場に塗装する場合は先に窓枠廻りを終わらせて換気できるように工夫することも
できます。換気を気にする方は施工前に相談してみてください。


・植物に養生するときはなるべく早く剥がす

植木に養生する場合はかぶせたままにすると枯れる原因になることがあります。


・粘着力が高すぎるものは使用しない

粘着力が強いテープを使用すると、剥がすときに跡が残ってしまい仕上がりが汚くなってしまいます。
そのため粘着力が弱いテープを使うのが一般的です。








外壁・屋根塗装のベストシーズンがやってきました!!
この時期は混み合うため、お早目のお問合せお待ちしております。



豊橋市・豊川市で外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り補修の事でお悩みなら、

国家資格の1級塗装技能士がいる河合塗装工業までご相談下さい!

cnt_shindan04.png cnt_shindan05.png 
ft_tel01.png



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
  • はじめにお読みください 河合塗装工業 豊橋 外壁塗装リフォーム 皆さまから選ばれる理由
  • 無料 外壁屋根診断 河合塗装工業
  • 雨漏り 無料診断 河合塗装工業 原因を明確にして早期解決!
  • 無料 外壁屋根診断 河合塗装工業
  • 雨漏り 無料診断 河合塗装工業 原因を明確にして早期解決!